見出し画像

『 旅先の想い出を暮らしの中で愛おしむ。』 社員リレー#04:渡邉さゆり

旅行に行くときは必ずPENを持っていき、旅先での出会いや発見を気ままに撮影しています。

その昔、インスタントカメラを持ち歩く女子高生の時代もありましたが、オリンパスでカメラに携わるようになってからは、フィルムカメラ→コンパクトデジタルカメラ→一眼・・(歳がばれる)と、何かあればカメラを持ち歩くのが習慣のようになっていて、スマホでも撮るのが当たり前になってからも、それは続いています。

私の暮らしと写真

我が家では、ちょっと大きめの画面を備えたAmazon Echo Showが、部屋の真ん中に鎮座し、何年分もの様々な場所で撮影した思い出の写真がランダムに、かつ延々と表示されるので、「きれいな街並みだったね」とか「あのフルーツ美味しかったね」と家族と話したり、一人でお茶を飲みながら思い出に浸ったりと、旅先で撮った写真がその先もずっと暮らしの中で生きています。
 
そう考えると、私が、写真が好きで撮り続けている理由って、撮るときのワクワクする気持ちもあるけれど、後から見て幸せな気持ちになれるからというのが根っこにあるのだと思います。

写真を暮らしの中で楽しむマストアイテム

旅先でのスナップを楽しむ

今日は、マレーシア ペナン島での私のお気楽スナップから一部をご紹介します。撮影したのは、コロナが始まる直前。ペナンは、南国らしいビーチと世界遺産に登録されている歴史都市ジョージタウンの街並み、ローカルフード、優しい現地の人たちなど魅力が沢山あって、カメラをぶら下げながら、気の向くままに色んな場所を巡りました。

旅先では、すごい写真を撮るために行く、というモチベーションよりは、歩いているときに見た風景や人・モノなど、「きれいだな」「面白いな」と思ったものを感覚に任せてシャッターを切るのが気楽で楽しい。 
それは、計算しつくして撮影する写真の面白さとは、一味違う、スナップの醍醐味だと思います。 

旅先でのお気軽スナップから、いくつかご紹介します。それぞれの写真を撮ったときの気持ちだったりを写真の下にコメントしました。何年も前なのに、その時感じたことが写真を見るだけで蘇ってくるって本当に写真というのはすごいツールなんだと改めて思います。

まずは、ビーチの周りから。

日本ではあまり見ない、とげとげフルーツ ランブータン。味・触感はだいたいライチ。美味しかったので市場でも購入。
ヒトとサルの距離が近すぎるモンキービーチ。お猿さんが食べ物を探している。
落ちている花も撮れば思い出。

ペナン島ジョージタウンの街歩きから。


ジョージタウンを見下ろすとビルとビルに挟まれて古い町並みが広がっている。新旧混在。
どんな道もスイスイ走るトライショーのお兄さん。この道30年のベテラン。
猫のお母さんが、子猫を優しく咥えて移動。気持ちがわかる。
屋台で買ったカニのから揚げ。香ばしくて美味。
なんだか覗き込みたくなる路地裏
車が行き交う道路。 日差しが強い。
渋滞の隙間から、何やら行列を発見 次の機会に行ってみたい。というメモ代わりの写真。

最後まで読んでくださった皆さまへ

「いいな」と思ったらシャッター。その際、できれば当社のOM SYSTEMだと嬉しいです(宣伝)。

これからも、カメラ~写真を通じて、誰かの人生が豊かになることに関わることができる喜びを感じつつ、自分自身も写真を続けていきたいなと思っています。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

主な撮影機材
Camera:
OLYMPUS PEN E-P7 Tough TG-5
Lenz:
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

文・写真:渡邉さゆり

#omsystem #写真が好き

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます! 「OM SYSTEM note」では、「人生を彩る最高の映像体験ストーリー」綴っていきます。 「OM SYSTEM note」のフォローをお願いします。