OM SYSTEM

「OM SYSTEM note」はOMデジタルソリューションズ株式会社が運営するnot…

OM SYSTEM

「OM SYSTEM note」はOMデジタルソリューションズ株式会社が運営するnoteです。 カメラを通した繋がりを大切にし、OM SYSTEMファンのみなさんと共に「人生を彩る最高の映像体験ストーリー」を綴っていきます。

ウィジェット

マガジン

  • わたしのまちとカメラ

    『わたしのまちとカメラ』マガジンでは、地域の風景・文化・暮らす人々を、OM SYSTEMを使って、写真・映像で発信する「素敵な人」にフォーカスし、「カメラで変わるわたしのまちのウエルビーイング」をテーマに発信していきます。 地域に住み写真・映像で発信し続けるみなさんが、カメラを通して発見した問題、幸せを、『わたしのまちとカメラ』マガジンでどのように伝えられるか?OM SYSTEM note編集部でも楽しみなマガジンです。 マガジンバナー:illustration by CHO-CHAN #わたしのまちとカメラ

  • OM SYSTEM PLAZA 情報

    ミラーレス一眼カメラや交換レンズ・アクセサリーなど、最新の製品を手にとって体感いただけるスペースのほか、プロ写真家や写真愛好家による作品の展示、写真展と連動した作品や動画による解説をディスプレーで映し出している、ギャラリー併設型のショールームです。「OM SYSTEM PLAZA」マガジンでは、OM SYSTEM PLAZAで開催される写真展、イベントの情報をお届けします。

  • 写真と向き合う時間

    『写真と向き合う時間』マガジンでは、OM SYSTEM GALLERY展示作家やLimelight(若手写真家支援)受賞作家、OM SYSTEM PLAZA FOCUS展フォトグラファーのインタビューを紹介していきます。 #写真と向き合う時間 #omsystem

  • OUTDOOR LIFE

    アウトドアLOVE!なみんなで一緒に楽しむマガジン。アウトドア大好きクリエイターの話やアウトドアの過ごし方・おススメ情報など、気軽に楽しめるアウトドア情報をお届け。

  • 旅するOM SYSTEM

    『旅するOM SYSTEM』マガジンでは、OM SYSTEM を手に日本を世界を旅するフォトグラファーにフォーカスし、OM SYSTEMブランドタグライン「人生にもっと冒険を」を体現している方々のストーリーを綴っていきます。 #旅するOM SYSTEM #omsystem

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

OM SYSTEMとアウトドアモンスターがコラボ!新しいモンスター「KESHIKI-NOKOSHI」の誕生秘話

トレッキングやキャンプ、バードウォッチングなど、みんながアウトドアのとりこになるのは、アウトドアモンスターたちがその世界に引き込もうとしているから…。そんなコンセプトで現在200体以上のアウトドアモンスターを生み出しているLockさん。 この度、OM SYSTEMとアウトドアモンスターがコラボして、新しいモンスター「KESHIKI-NOKOSHI」が誕生しました。ファインダーのポーズをとる「KESHIKI-NOKOSHI」はどうやって生まれたのか、 Lockさんにお話しを伺

    • なによりも、自分自身のためなのかもしれない - 川瀬智久

      長浜ローカルフォトメンバーの紹介シリーズで、今回登場するのは、川瀬智久さん。長浜ローカルフォトの立ち上げ人としてメンバーを鼓舞、活動すべての調整役としても立ち回ってきた存在です。 長浜の暮らしをともに追いかけるなかで大切にしてきたことを、改めて振り返ってみました。 10年のあいだ、一緒に暮らしを追いかけてきた  「長浜の、そのまんまの暮らしを発信していきたいんですよねえ」 川瀬さんと知り合ってかれこれ10年以上が経ちました。出会った頃にこんな思いを聞かせてくれたことを覚え

      • 第15 回 Focus 展 鈴木 宏美 写真展 「杜の都の愛しき君たちへ」

        「FOCUS 展」はOM SYSTEM プロ会員(OMPS 会員)からの推薦に基づき、OM SYSTEMカメラを使って表現力、創造性に富んだ作品を生み出すフォトグラファーに展示の機会を提供する企画です(1年に2回開催)。第 15回となる今回は、写真家 杉山 親生 氏による推薦のもと開催いたします。 ■写真展案内 大砲レンズも重量級の三脚も、まして遠くに行く車もいらない。 いつも歩いて行ける近くで、いつも見かける君たちが愛しい。 「身近で気軽」これが私の鳥撮影のスタイル、今

        • 中山 基司 写真展「箱庭のモラトリアム」

           いつも電車から望むことができるプールを見ることは、日課の様になっていた。 電車から見える時間は僅かだけど流れていく景色の中でプールのある空間は強く輝き脳裏に焼き付くような感覚だった。 住宅が敷き詰められている都市部の住民にとってはプールの存在は憩いを与える貴重な空間だった。プールは水の色が変化し月日の経過を気づかせてくれる。 そして濁った水が再び輝きを戻すことがないことで、プールが取り壊されることを知った。 プールは広い公園の大部分を占めていたことが取り壊されていく姿を見て

        • 固定された記事

        OM SYSTEMとアウトドアモンスターがコラボ!新しいモンスター「KESHIKI-NOKOSHI」の誕生秘話

        • なによりも、自分自身のためなのかもしれない - 川瀬智久

        • 第15 回 Focus 展 鈴木 宏美 写真展 「杜の都の愛しき君たちへ」

        • 中山 基司 写真展「箱庭のモラトリアム」

        マガジン

        • わたしのまちとカメラ
          42本
        • OM SYSTEM PLAZA 情報
          92本
        • 写真と向き合う時間
          21本
        • OUTDOOR LIFE
          1本
        • 旅するOM SYSTEM
          12本
        • 鳥のきもち
          17本

        記事

          新しい鉄道写真の表現を追い求めた人。広田 泉 追悼写真展 「泉」インタビュー

          鉄道写真の枠組みを超えようと常に様々なチャレンジをし続けていた広田泉さん。三回忌となる3月28日から4月8日まで追悼展「泉」が開催されました。写真家が不在の展示会場をどのようにつくり上げたのか、広田さんの妻・廣田十月さんと、ディレクションを担当したデザイナーの福田典嗣さんにお話を伺いました。 デザインの力で写真を見せる――OM SYSTEMから展示の話が来たのは、2023年3月末、ちょうど広田泉さんの1周忌の頃だったそうですが、廣田さんが福田さんに展示のディレクションを依頼

          新しい鉄道写真の表現を追い求めた人。広田 泉 追悼写真展 「泉」インタビュー

          齋藤 博美写真展 「 魅惑のマクロ 」

          栃木県を活動拠点に各地で個展開催 講演・講習会・写真クラブ指導・コンテスト審査などをしています。私のメインテーマは昆虫や花ですが最近はキノコの胞子と氷が被写体になっています 今回は色々なマクロ作品をご覧いただけたらと思います。「写真が一瞬でよくなる74の実践技」に掲載された作品も展示いたしていますのでご覧ください。  OMシステムでのマクロ撮影は今まで苦労して撮影していたものが、手軽に撮影出来て作品のクオリティーも上がりマクロのためのカメラ・レンズでは無いかと思います。 良く

          齋藤 博美写真展 「 魅惑のマクロ 」

          小松 由佳 写真展 「 あなたは ここにいた 〜燃やされた故郷、パルミラ〜 」

          シリア中部のオアシス都市パルミラ。古代から東西を結ぶ交易の要衝として繁栄し、郊外には豊かな緑をたたえたナツメヤシの木々が涼しい木陰をつくる。その美しさは「砂漠の薔薇」と謳われてきた。しかし2011年以降、シリアは内戦状態に突入。四方を砂漠に囲まれたパルミラは、2015年にイスラム過激派組織ISに占領され、政府軍による激しい空爆にさらされた。市街地の8割近くが、このとき破壊された。 パルミラは私の夫の故郷でもある。この12年、私はトルコ南部で避難生活を送るパルミラ出身者のコミ

          小松 由佳 写真展 「 あなたは ここにいた 〜燃やされた故郷、パルミラ〜 」

          フォトグラファーがコーヒーバイヤーになる話。#03 ~半年間のラテンアメリカ取材へ 再訪グアテマラ編~

          「フォトグラファーがコーヒーバイヤーになる話。」と題して、私がグアテマラ旅行をきっかけに、日本のコーヒー屋の向こうにある「コーヒーを作っている人たち」に出会い、いつしかコーヒーを買い付けるコーヒーバイヤーとなっていくお話です。 主にコーヒー生産国で撮った写真とそれにまつわるお話を綴ります。 今回は、グアテマラのマイナーな生産地(コバン、ニューオリエンテ)の取材記です。(撮影2007~2008年) スペイン語の学校へ行きつつホームステイ Hola!(オラ!) ご覧いただきあ

          フォトグラファーがコーヒーバイヤーになる話。#03 ~半年間のラテンアメリカ取材へ 再訪グアテマラ編~

          プロ写真家による OM-1 Mark II 作品展

          2月の展示に続き、プロの写真家がOM-1 Mark IIで撮影した作品をプリントで展示いたします。OM-1 Mark II のすばらしさをプロの写真家の作品を通じてご覧ください。 ■期間 2024年5月16日(木)~ 5月27日(月)10:00 〜 18:00 最終日 15:00 まで  入場無料 ※休館日5月21日(火)・22日(水) ■会場 OM SYSTEM PLAZA クリエイティブウォール ●営業時間 10:00~18:00 火曜・水曜定休、GW・夏季・年

          プロ写真家による OM-1 Mark II 作品展

          解説!鳥の鳴き声図鑑#011 ~鳥のさえずり聞き比べ~

          皆様こんにちは。YouTubeチャンネル「解説!鳥の鳴き声図鑑」のみきと申します。4月に入り、鳥たちは繁殖期真っ最中。オスからメスへのラブソングである「さえずり」が頻繁に聞かれるようになってきました。さえずりは種によって様々ですが、中にはよく似た鳴き声を出す種もいます。そこで今回は聞き分けが難しい種をピックアップし、行動や生息環境も含めて徹底的に比較してみたいと思います! キビタキvsオオルリ ■鳴き声の違い 声質が似ており両種とも澄んだ美しい高音ですが、鳴き方に違いがあ

          解説!鳥の鳴き声図鑑#011 ~鳥のさえずり聞き比べ~

          山に登る人たちが、日常でも使えるカメラポーチを作りたい。OM SYSTEM×ACTIBASE オリジナルカメラポーチ制作秘話

          サッとカメラを入れて毎日持っていきたくなる理想のカメラポーチをつくるために、OM SYSTEMとACTIBASEがコラボレーションしました。こだわりがたくさん詰まったこのカメラポーチはどのように生まれたのか、ACTIBASE代表であり、ブランドディレクターを務めるみきさんのアトリエを訪ねました。 ACTIBASEが初挑戦したカメラポーチ安全性重視の大きくて重いカメラバッグではなく、装備をなるべく軽くして山に登る人たちのスタイルや、OM SYSTEMの小型軽量のカメラにあった

          山に登る人たちが、日常でも使えるカメラポーチを作りたい。OM SYSTEM×ACTIBASE オリジナルカメラポーチ制作秘話

          「東京写真月間2024」29th  国内企画展「写真の力で伝えようSDGs」岡田 満「いのちを紡ぐ≪身近での野鳥の生態から野生との共存を考える≫」香川良海「草花一木 大分県西部」

          公益社団法人 日本写真協会 主催で29回目となる「東京写真月間2024」。 今回は「写真の力で伝えようSDGs」をテーマに2名の写真家の展示を行います。 ■期間 2024年5月30日(木)~ 6月10日(月)10:00 〜 18:00 最終日 15:00 まで  入場無料 ※休館日6月4日(火)・5日(水) Space1:岡田 満「いのちを紡ぐ≪身近での野鳥の生態から 野生との共存を考える≫」  新型コロナウイルスのため外出がままならない中、私は自宅のすぐ近くにある川

          「東京写真月間2024」29th  国内企画展「写真の力で伝えようSDGs」岡田 満「いのちを紡ぐ≪身近での野鳥の生態から野生との共存を考える≫」香川良海「草花一木 大分県西部」

          Nature Colors 喜多 規子 × 片岡 司~OM SYSTEMで撮る自然風景~

          写真家 喜多 規子氏と片岡 司氏が、今回は「Nature Colors ~OM SYSTEMで撮る自然風景~」と題し、OM SYSTEM のカメラで撮影した風景写真作品を展示します。二人の個性際立つ作品をじっくり堪能できる作品展です。クリエイティブビジョンでのスライドショーや動画作品、またお二人による作品解説トークも予定しております。 (作品数 各7点) ■期間 2024年5月30日(木)~ 6月10日(月)10:00-18:00 ※最終日 15:00まで 入場無料  ※

          Nature Colors 喜多 規子 × 片岡 司~OM SYSTEMで撮る自然風景~

          山の景色を撮りにでかけよう - 川野恭子

          はじめに突然ですが、山登りは好きですか?私は、ついこの間まで山にまったく興味ありませんでした。ですが、歩いて訪れることでしか見られない絶景や、自然を歩くことの気持ち良さを知ってから、山が大好きになりました。各地の山を歩くたび、「日本にこんな美しい景色があるなんて!」と驚かされます。 とはいえ、山登りの経験が少ない方にとって長距離を歩いたり、標高の高い山に登るのは不安でしょう。ですので、まずは身近な山でフォトトレッキングを楽しむための基礎知識をお伝えしようと思います。

          山の景色を撮りにでかけよう - 川野恭子

          偶然出会った風景を運ぶ。木村琢磨写真展「INside(me)」インタビュー

          地元の岡山を拠点としながら、自然風景を撮影している木村琢磨さん。この1年間で撮影した作品を展示した写真展「INside(me)」を2月15日~26日まで開催しました。「写真を撮ることは絵を描くことと似ている」と語る木村さんが普段どのように風景と向き合っているのか、お話を伺いました。 語りかけてくれる自然風景――展示している作品は、どんな場所で撮影したものですか? 地元岡山を中心に、隣接した鳥取や兵庫など、いつもよく行く行動範囲内で撮影したものです。1番身近なところだと隣の

          偶然出会った風景を運ぶ。木村琢磨写真展「INside(me)」インタビュー

          若手写真家支援写真展 Limelight 2024 

          Limelight2023に続き、今年も若手写真家支援写真展 Limelight 2024を開催します。写真展経験のない方にもチャレンジできるよう、昨年に引き続き「ポートフォリオ レビュー」も実施します。作品講評や展示構成などを レビュワー(写真家 中藤 毅彦氏/田川 梨絵氏)から直接アドバイスが受けられます。プロを目指す若手写真家のチャレンジを是非お待ちしています。 1.Limelight2024の概要【応募資格】 ◇Under40部門:2025年1月1日時点で39歳以

          若手写真家支援写真展 Limelight 2024