見出し画像

飯島 裕 写真展「星に識る」

子供の頃からだ。理由もきっかけも判らないが、なぜか星の光に魅せられた。
星空に隠された光を双眼鏡や望遠鏡で探し出すことに夢中になった。
天体の写真を撮ってみたいと思ってカメラを覚えた。いま振り返れば、はや半世紀。

何億km、何光年、何万光年という途方も無い距離を渡って眼に届く光に、宇宙空間の奥行きを想う。
月の満ち欠け、惑星の運行、星座や銀河の巡りに、自分の位置を知る。
星の光を揺らしたり隠したりする大気に、太陽エネルギーと地球の循環を見る。
星空を探しに出かけた土地では大地の息衝きを、そして地上に留まらない人の知の営みを。

星の光を肉眼で感じること、目には見えない星の光・星の景色をレンズで捕まえることが、とても面白い。
そこで初めて見えてくるものや気づくことが、たくさんある。
そこが楽しいのだ。

私のメインカメラ、フォーサーズ一眼レフとOMミラーレスで撮影してきた写真です。さまざまな星の光を感じていただければ幸いです。

展示作品数 カラー約40点


■期間

2024年7月25日(木) ~ 8月5日(月)10:00 〜 18:00 最終日 15:00 まで
※休館日7月30日(火)~ 31日(水)入場無料

■ギャラリートーク・トークイベント(星空フォトウィーク)

◆7月27日(土)(イベントスペースにて開催)
 14:00-15:00 出展者クロストーク ~ 飯島 裕×石原 大稔×岩田 明訓 
 15:30-16:00 岩田 明訓 写真展 「天球旋転」作品解説
◆7月28日(日) 
 14:00-15:00 飯島 裕 写真展「星に識る」作品解説(ギャラリー内)
 15:30-16:00 石原 大稔 写真展「旅路」作品解説(イベントスペース)
◆8月3日(土) 
 14:00-15:00 飯島 裕 写真展「星に識る」作品解説(ギャラリー内)
◆8月4日(日) 
 14:00-14:40 PLAZAトーク 飯島 裕流「新製品E-M1 MarkIII ASTRO での星景写真撮影テクニック~作品作りまで」

■作家プロフィール

飯島 裕 -いいじま ゆたか-

1958年 埼玉県生まれ 大阪芸術大学写真学科卒業

アポロ11号月面着陸の頃に宇宙や天文の魅力にはまったアポロ世代。広告会社に勤務後、ハレー彗星回帰の1986年からフリーランスに。科学的な天体写真をベースに表現性も付加したいわゆる星景写真に早くから取り組む。2003年より月刊天文情報誌『星ナビ』に銀塩フィルムによる星景写真「銀ノ星」を連載、250回を超えた。天文情報誌や解説書、カメラ雑誌などに星空撮影や機材解説など執筆多数。国立天文台やJAXA宇宙科学研究所の広報用写真撮影なども担当している。気持ちはいつも「星は撮るより眺めたい」。

《写真展》
2008年「銀ノ星」ギャラリー宙
2009年「星露光彩」Deco's Dog Cafe 田園茶房
2019年「星空の彩り」オリンパスプラザ大阪

■会場

OM SYSTEM GALLERY(旧 オリンパスギャラリー東京)

●営業時間
10:00~18:00
火曜・水曜定休、GW・夏季・年末年始の長期休業

●所在地
〒160-0023
東京都新宿区西新宿 1-24-1 エステック情報ビル B1F
電話番号:03-5909-0190

●アクセス
新宿駅西口から徒歩5分
新宿西口地下ロータリー左側の地下道を都庁方面に進む。地下道上部に「エステック情報ビル」の表示あり。

都営地下鉄大江戸線都庁前駅から徒歩4分
B1出口から地下道を新宿駅方面に進む。地下道上部に「エステック情報ビル」の表示あり。


#omsystem #omsystemplaza #omsystemgallery #写真 #星空 #作品解説 #星空写真 #星空撮影



写真
#星空
#OMSYSTEM
#作品解説
#星空写真
#星空撮影
#omsystemplaza
#omsystemgallery
#omsystem


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます! 「OM SYSTEM note」では、「人生を彩る最高の映像体験ストーリー」綴っていきます。 「OM SYSTEM note」のフォローをお願いします。