見出し画像

OM SYSTEMとアウトドアモンスターがコラボ!新しいモンスター「KESHIKI-NOKOSHI」の誕生秘話

トレッキングやキャンプ、バードウォッチングなど、みんながアウトドアのとりこになるのは、アウトドアモンスターたちがその世界に引き込もうとしているから…。そんなコンセプトで現在200体以上のアウトドアモンスターを生み出しているLockさん。

この度、OM SYSTEMとアウトドアモンスターがコラボして、新しいモンスター「KESHIKI-NOKOSHI」が誕生しました。ファインダーのポーズをとる「KESHIKI-NOKOSHI」はどうやって生まれたのか、 Lockさんにお話しを伺いました!


アウトドアモンスターとは?

宮城県を拠点に活動しているデザインユニット「Lock」がつくった仮想のキャラクター。モンスターは人と自然をつなぐ役目を持っていて、「人がこんなにもアウトドアに惹かれるのは、アウトドアモンスターがこの世界に引き込もうとしているから」というコンセプトで、今までに200体以上のモンスターが生み出されました。それぞれのモンスターには役割とストーリーがあり、その世界観に共感した人たちによるコミュニティが全国に立ち上がっています。

OM SYSTEMのモンスター「KESHIKI-NOKOSHI」

撮りたい瞬間があるのは、モンスターのおかげ?

――OM SYSTEMとのコラボのお話が来たとき、どう思われましたか?

嬉しかったですね。実ははじめて買ったカメラがオリンパス(現OM SYSTEM)のタフなんですよ。19年前にそれを持って一人で屋久島へ行って、山に登ったのがアウトドアを始めるきっかけだったんです。それから登山の仲間を集めて、いろいろな山を登るようになりました。それにOM SYSTEMってもうそのままアウトドアモンスター(OM)なので(笑)、ご縁を感じましたね。

――「KESHIKI-NOKOSHI」(景色残し)というモンスター名が面白いです。どのように考えて生み出しましたか?

私も山へ行くときにカメラを持って行くのですが、急に足が止まって空や風景を撮りたくなる瞬間があるんですよね。言葉では説明できないような瞬間があって。それはきっとモンスターの仕業なのではないか?という風に考えて、このモンスターが生まれました。「モンスターが撮りたくなる景色を見せてくれているのだ」と考えて描いたんです。

――星や虹、滝や鳥や蝶など、自然風景の中の撮りたい被写体が全部詰まっていますね!

OM SYSTEMのブランドメッセージ(「人生にもっと冒険を」「アウトドアライフバリューをみんなに。」)を事前に伺っていましたし、OM SYSTEMのカメラは防塵防滴設計でどこにでも持っていけるので、春夏秋冬、朝と夜、山や海、川など、写真が撮りたくなるシチュエーションを全部入れました。最初にモンスターがファインダーのポーズを取っているところが決まったら、あとは勝手に手が動いていましたね。

――2011年から現在までに200体以上のモンスターが誕生しているとのことですが、描き始めたきっかけは何ですか?

山を登っているときって辛いけど、下ってしばらくするとなぜかまた行きたくなるという矛盾が自分の中にあったんです。それはなぜなんだろうと考えたときに、実はアウトドアモンスターというのがいて、アウトドアに引き込もうとしているからなんじゃないか?と思いついたのが書き始めたきっかけです。

たとえば、「SANSAI-KUBARI」というモンスターがいるのですが、このモンスターは私たちが山菜をとりに行くとき、自分で山菜をとっているようで、実は「SANSAI-KUBARI」が育てた山菜を手渡してくれているのではないか、という設定でつくりました。

そうやって考えると、当たり前にあるものが当たり前に見えなくなってくるというか、いろんなものに感謝できるんじゃないかなって思って。それでみんなが優しくなれたら嬉しいですね。

――アウトドアを楽しめているのはモンスターのおかげということですね!

そうですね。最終的には「モンスターが悲しむから」って、どこかの子どもがゴミを拾っている姿を見られたらいいなと思って。それを最終目標として日々活動しています。

OM SYSTEMのモンスター「KESHIKI-NOKOSHI」とは?

自然の中に身を置くと、突然衝動にかられてカメラのシャッターを切るといった経験をした方も多いのではないだろうか。
その衝動の理由には彼が深くかかわっていると言われている。
四季折々景色を楽しませてくれる美しくもはかない自然界。
二度と来ないその瞬間を逃さない様に彼が目の前で景色をクローズアップして見せてくれると言われている。その為、古来からの心に残る景色に出会った際は、気付かせてくれた自然と彼に感謝の心を忘れずにシャッターを押すべしとの言い伝えがある。

その場で写真にイラスト&シルクスクリーンも!

2月3日、4日には、OM SYSTEM PLAZAにてアウトドアモンスターのPOP UPイベントを開催。埼玉、栃木、静岡、愛知など、さまざまな地域からアウトドアモンスターファンのみなさんが集まりました。

全国各地でイベントを開催し、ワークショップやグッズの販売などを行っているLockさん。今回は初の試みとして、OM SYSTEMのカメラで撮影した写真にモンスターのイラストを即興で描いていただき、抽選で作品の販売も行いました。「レンズを通すと見えないものが写る」というアイディアから生まれた作品です。

4枚の森の写真に合うモンスターをお客さんの目の前で描くLockさん
Lockさんに息を吹き込まれたモンスターが写真の世界と見事に融合!

他にも、参加者が持参するアイテムにシルクスクリーンで印刷するワークショップ「スリスリ」も開催しました。毎回違うモンスターを印刷するため、いろんなモンスターを集めるために各地のイベントに足を運ぶ方も多いのだとか。今回も事前予約で満席となりました。

シルクスクリーンの様子。メッシュ状の図版にインクを塗り込みます
乾いたら完成! 参加者はテントやバッグ、パーカーなど、
いろんなアウトドアグッズを持参していました
遊びに来てくれたお客さんと一緒に記念撮影。
ファン同士話が弾み、会場は終始にぎわっていました
アウトドアだけでなく日常でも使えるアウトドアモンスターのグッズ
OM SYSTEM PLAZAのオリジナルアウトドアグッズ特設コーナー

OM SYSTEMとアウトドアモンスターのコラボ商品、オリジナルTシャツとパーカー、ステッカーはWebサイトでも購入できます。ぜひカメラを持って、「KESHIKI-NOKOSHI」と一緒にアウトドアへ出かけてくださいね!

■OM SYSTEM×アウトドアモンスター「KESHIKI-NOKOSHI」オリジナル商品はこちらからご購入頂けます。⇒ OM×アウトドアオリジナル商品

文:安藤菜穂子
写真:竹中あゆみ

#omsystem #outdoormonster

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます! 「OM SYSTEM note」では、「人生を彩る最高の映像体験ストーリー」綴っていきます。 「OM SYSTEM note」のフォローをお願いします。